エントリー&マイページ

SECTION 1

就職活動へのアドバイス

就職活動を終えて

田所就職活動を振り返っていかがでしたか?感想を率直に教えてください。

内定者:私はインターンシップに参加していなかったため、就職活動解禁直前に突然新型コロナウイルスの影響で状況が変わってしまい、とても不安だったというのが率直な感想です。

内定者:私は予想していた就職活動とは違いましたが、オンライン採用には慣れることができ、楽しめました。ただ、慣れて緩みが出てきたころに、iPadの充電を忘れたままオンライン面接が始まりそうになり、かなり焦ったことがありました(笑)。それからは、準備をきちんとするように気を付けましたね。

内定者:当初はセミナーや面接などが全てWEBになりとても不安でしたが、WEBになったことで時間に余裕をもてたため、就職活動以外のやりたいことに時間を割けました。振返ってみると自分には合っていたのかなと思います。

田所:今年の就職活動の印象は、やっぱりオンライン採用だよね。特に印象に残っていることはある?

内定者:ある企業の面接でオンライン面接だと思っていたら、実は対面だったということがありました。招待のURLが来ないなと思って、マイページを確認したところ対面面接だと気付きとても焦りました(笑)。急いで電話して日程変更をしてもらえましたが、できなかった場合を考えると恐ろしいです…。基本的なことですが、時間や実施の方法をしっかり確認することは大事ですね…。

小林:私は内定者のみんなより1年前なので、対面面接でのエピソードを。ドアをノックして部屋に入るときに、緊張しすぎて手と足の同じほうが前に出てしまって(笑)。面接官にめちゃくちゃ笑われました。今思えば、それで雰囲気が和んだ感じもあるけど、その時はとても恥ずかしかったです。

全員集合

私のオススメ!就職活動で役に立ったこと

田所:就職活動中に活用したイベントやツールで役に立ったことがあれば教えてください。

内定者インターンシップがとても役に立ちました。私は20社くらい参加しました。

内定者:私も同じくインターンシップの参加をお勧めします。様々な業界を見てみたかったので、35社参加しました!

田所:そんなに参加したの!?インターンシップに参加をした企業は全て選考に進んだのかな?

内定者:さすがに選考に進む企業は絞りましたね。インターンシップに参加することでその会社の雰囲気がわかるので、その時の印象で選考を受ける会社を絞ることができました。選考はほとんどオンラインになりましたが、早めのインターン参加で、対面での印象を知ることができました。

田所:インターンシップ以外には何かオススメはある?

内定者私は大学のキャリアセンターの活用をオススメします!エントリーシートの書き方の基礎や、面接の対策を学べました。どこの大学にもキャリアセンターはあると思うのでぜひ活用をしてほしいです。

内定者:私からは逆に「やっておけばよかった」と思ったことですが、OB訪問です。私はOB訪問を全くしなかったため、会社の雰囲気をなかなかつかめませんでした。ぜひ学生の皆さんには積極的にOB訪問を行ってほしいです!

田所:就職活動中、スケジュール管理で工夫したことはありましたか?

内定者:私は午前中に面接を入れて、午後は次の日の面接の準備をするように調整をしていましたね。多い日は1日3社くらいのWEB面接を行っていました。

土屋:説明会シーズンは、できるだけ多くの企業の説明会に参加しようと思い、かなり忙しく会社を回っていました。そこで選考に進む会社を絞っていったので、面接自体は1日1社ペースでした。私が就職活動をしていた時は、オンライン採用を行っている企業は全くなかったため、移動時間を計算してスケジューリングをするのが大変だった記憶があります。

全員集合

先輩から学ぶ企業選びのポイント

田所企業を選ぶ時のポイントってある?

内定者:就職活動は今後何十年も働く会社を決めるということなので、仕事内容や条件面よりも自分に合う会社かということをとても重視していました。

内定者私も「会社の雰囲気」ですね!

田所:今年はオンライン採用を行う企業が多く、比較が難しかったと思うけど、どうやって会社の雰囲気を感じたの?

内定者:確かにオンラインだとなかなか雰囲気を感じづらかったですが、UCカードが選考途中に実施してくれたWEB座談会は比較的社員の雰囲気を感じることができたのでとてもありがたかったです!

田所:WEB座談会を実施する企業は多かった?

内定者:あまり多くはありませんでしたかね…。多くはなかったからこそ、WEB座談会のような〝学生が会社や社員を知れるイベント″を開催してくれるだけで、とてもありがたく、会社の印象は良くなりましたね!

全員集合